2020年のレポートをダウンロード
企業規模やセグメントによってサイバーセキュリティの優先事項は異なりますが、共通する部分もあります。回答者の3分の1以上(38%)が、自組織の遭遇する脅威に対して十分な洞察が得られていないと考えています。金融、医療、ITおよび通信、小売および卸売、政府関連、製造の各セグメントの企業は、どのような懸念を抱いているのでしょうか?

カスペルスキーのWebサイトは、利便性の向上を目的として、クッキーを使用しています。引き続き当サイトを利用、閲覧することで、クッキーの使用に同意したことになります。当サイトでのクッキーの使用に関する詳細については、こちらをご覧ください。

同意して閉じる